スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロン物語9


晴れている日にはシロは必ずロンのところに行きました。

シロはいろいろな不思議なことをロンに話します。
<ねぇ、ロン、虹って見たことある?
すごいよ
雨の後の空に架かる橋みたいで7色に光ってるの>
<すてき!!>
ロンが空を見上げたとき風がひゅ~と吹いてきました。
街路樹の牡丹桜の花びらが宙を舞って。
その時
き~
鉄の音がわずかに聞こえました。

それは庭から外に出る扉が動いた音でした。
いつもなら必ずしっかり閉まっているところなのに
今日に限って門が風に少しだけ動いています。

ロンは思わず駆け寄ってさわってみると、
簡単に開きます。

ロンはフェンスの外のシロのところに走りよりました。
シロははじめ驚いていました。でもすぐ力強く一言。
<行こう>

二人は鼻をなめあって

それから走りました。

スポンサーサイト

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らら☆ちゃん

Author:らら☆ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。